にゅーす特報。

カンニング竹山、首都圏マスコミは 「他人事みたい」 豪雨被害で 「報道特番ないんだ...」

お笑いタレントのカンニング竹山(47)が2018年7月9日放送の「ビビット」(TBS系)で、西日本を中心とした豪雨被害をめぐる首都圏メディアの報道に疑問を投げかけました。

竹山は18年7月9日朝の「ビビット」出演直前、ツイッターで「終わってんな...」と意味深な一言。6分後には、「西日本であれだけ甚大な被害が起こっているのに報道特番ではないんだ...」とツイートし、テレビ各局が西日本を中心とする記録的な豪雨被害の報道特別番組を組まないことに、疑問を呈しました。

また、竹山は番組で、「今回、東京のメディアが結構やらない(報じない)もんですから、多大な甚大な被害が起こっているのに、他人事みたいになっちゃっていることがおかしいと思うんです」と違和感を表明。その上で、「全国に川もあって山もある。他人事じゃないですよ、どこでも起こるんです。川の氾濫なんて東京でも東日本でも西日本でもどこでも起こる。岡山県とか愛媛県の人たちもまさか自分のところでなると皆、思っていない。いくらハザードマップとかやっていたとしても、自然には勝てないから人間は」と持論を述べました。

この記事の続きを読む

  • 2 view