【2ch】ニュー速クオリティ

お前ら「コストコ?あんな会費商法絶対失敗するw」→ 結果w

1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2018/06/14(木)

【独占】コストコ、日本で2019年のEC開始を準備
6/14(木) 8:10配信

--日本で50店舗は現実的な目標ですか?
2030年の目標として実現可能なターゲットだと思っています。日本の人口減少の問題を考慮しても、
今後12年で、我々は50に限りなく近づくことができると思います。
例えば、人口3600万人ほどのカナダには100のコストコがあります。
国土の広さや人口密度などの違いはありますが、たとえ2050年以降に人口が1億人を下回ると言われる日本において、
50倉庫店は現実的な数字だと考えています。

--日本における顧客ターゲットは?
市場調査を行った時、我々はいくつかのキーワードを踏まえて見ていきました。平均収入、住宅所有、自動車保有。
ターゲットの中央に位置する顧客グループは、平均もしくは平均以上の所得者層だと考えています。
日本で事業を始めた頃、顧客の平均年齢は30代でしたが、今では40代なかばくらいです。

--会員制リテールビジネスを続けるコストコですが、日本市場で受け入れられてきた理由は何でしょう?
コストコはすべての倉庫店で、市場で販売されている価格よりも平均で30%~35%を割り引いて商品を販売しています。
たくさん買い物をしようと、週末にコストコにやってくると、たちまち多くの商品がカートの中に入ります。
仮に一度に2万円の買い物をすれば、年会費の元はすでに取れたことになります。
品質と競争力のある価格。これがあらゆる市場で共通するコストコの強さだと考えています。
口コミでコストコの強さが多くの市場で広がってきたことは事実です。私が初めて日本にやってきた時、「口コミだけでうまくいくわけがない」と言われました。
日本人は品質と魅力ある価格(価値)を重要視しますね。
コストコの価格で購入して、一度堪能してしまえば、通常のビーフに戻ることはなかなか難しいでしょう。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180614-00010001-binsider-bus_all&p=1

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1528934751/

この記事の続きを読む

  • 3 view