おうまがタイムズ

【残酷な群集心理】地下鉄サリン事件当時にあった現代の魔女狩り

関連記事【歴史的大事件見た!!】9.11、3.11、キューバ危機、サリン、阪神大震災、湾岸戦争リアタイ勢おるか?
【怖!心理学】『マインドコントロール(洗脳)』ってそんなに簡単にされるものなの?

地下鉄サリン事件
1995年3月20日に、東京都で発生した同時多発テロ事件である。

宗教団体のオウム真理教によって、帝都高速度交通営団(現在の東京メトロ)で営業運転中の地下鉄車両内で神経ガスのサリンが散布され、乗客及び乗務員、係員、さらには被害者の救助にあたった人々にも死者を含む多数の被害者が出た。

平時の大都市において無差別に化学兵器が使用されるという世界にも類例のない事件であり、国内外に大きな衝撃、影響を与えた。
https://ja.wikipedia.org/wiki/地下鉄サリン事件
916 2012/08/13(月) サリン事件の後に上祐氏が頻繁にTVに出だした時の話。
(※上祐氏=事件当時オウム真理教幹部)

近所のアパートに上祐そっくりなおっさんがいた。
そっくり、と言うか、もう本人じゃないかって位に似てた。
電車通勤だったけど駅員や警備員に捕まり、警察には職務質問される毎日(おっさん本人談)で車通勤にし、会社では営業だったのに事務に回されたくらい本当に似てた。
でもおっさんは20年前からそのアパートに住んでたし上祐とは年齢も違ったから町内会の人はおっさんは上祐ではないと解ってた。上九一色村の遥か遠くだったし。

ある日小学生男子たちがおっさんの周りを踊りながらぐるぐる回って「しょーこーしょーこー」を歌い屁をこいて「わぉ!サリン!危険区域です!」とふざけたらしい。
おっさんは屁をこいた小学生にゲンコツして追っ払った。
小学生は「上祐が!上祐がー!危険人物!危険人物!」と喚き散らして逃げたらしく、おっさんのことを知らない人たちが警察に上祐があそこのアパートに潜んでる!とか言ってしまったらしい。

この記事の続きを読む

  • 5 view