おうまがタイムズ

【ジャイアニズム】イースター島知事「モアイ像返してクレメンス(涙」→大英博物館「貸してもいいけど返却しないンゴw」

関連記事【超古代文明】古代エジプトに高度な文明があった可能性ってないんか?ピラミッドの説明がつかん

1 2018/12/03(月)

■「失われた友」の返還求めはるばる英国へ

南太平洋に浮かぶチリ領イースター島の代表団はこのほど、英国のロンドンにある大英博物館を訪れ、モアイ像を返して欲しいと涙ながらに訴えた。(略)

オーストラリア放送協会(ABC)によると、イースター島のタリタ・アラルコン・ラプ知事は、「私たちは単なる体。英国人たちが私たちの魂を持っている」と述べ、モアイ像がイースター島の先住民にとっていかに大切かを涙ながらに訴えた。また、「彼(モアイ像)が帰ってこられるように私たちにチャンスを与えて欲しい」と加えた。

(略)
■大英博物館の所蔵品をめぐる返還要求は他にも

今回、大英博物館がイースター島の代表団とモアイ像について話し合うのは初めてだった。BBCによると、イースター島側は、モアイ像を返してもらう代わりに、イースター島先住民の彫刻家ベネディクト・トゥキさんの手によるレプリカを無料で提供すると申し出ている。トゥキさんは、「(レプリカがホアハカナナイアと)同じ先祖の魂を宿すことは恐らくないと思うが、外見は全く同じに見えるはず」と話し、ホアハカナナイアが「私にとっては、どんな大金よりももっとずっと大切なもの。先祖たちがこの島に戻って来るのを見届けるまで、命ある限り戦う」と話したという。

今回、代表団の大英博物館との会談に先立ち8月、イースター島のペドロ・エドマンズ市長は大英博物館に宛てて手紙を送っていた。そこで、博物館側がイースター島の代表団を招き、話し合いが実現したのだった。ガーディアンによると、大英博物館側はモアイ像を「通常の条件に従い貸し出す」ことは考慮するが、「返却」はしないとの意向を示しているという。

(略)

ニューズウィーク日本版
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/11/post-11358.php

11ジャイアニズム

16保護してやった精神だからなあ

この記事の続きを読む

  • 2 view