カラパイア

悪ふざけでナメクジを生で食べた男性が寄生虫に感染。8年の闘病の末に死亡(オーストラリア)

オーストラリア、シドニー出身のサム・バラードさん(当時19歳)は、2010年、自宅の中庭で仲間たちとわいわい飲んでいた。

庭にいたナメクジを見た仲間の1人が、サムさんに「食べられる?」とけしかけたところ、彼は「簡単さ」とばかりにナメクジを丸飲みした。

ところがこのことがきっかけで、サムさんは8年間苦しみ続け、昏睡状態に陥り、ついには亡くなってしまったのだ。

原因はナメクジに寄生していた広東住血線虫によるものだ。

この記事の続きを読む

  • 0 view